故人の遺品整理作業を行なう~思い出を守る為の大事な作業~

利用する方法

不用品回収を利用する方法

不用品回収を依頼するには、家具や家電などでまだ使用できる可能性のあるものについては、リサイクルショップに依頼すると出張買取りサービスを行ってくれるところがあります。 また、ゴミとして廃棄を希望する場合は、自治体の粗大ゴミの日に出すか専用の廃棄業者に連絡すると回収に来てくれます。 リサイクルショップに不用品回収をしてもらう場合は、買取りをしてくれるので多少なりとも現金を手にすることができますが、廃棄業者に依頼する場合は不用品の量に応じた廃棄料がかかる可能性があります。 また、自治体などが指定している不用品回収場に直接個人で持って行って処分してもらうこともできます。その場合も廃棄量に応じて費用がかかります。

回収サービスの利用を望む人達とその理由

不用品回収サービスの利用を望む人達は、引っ越しや住宅を処分する際に依頼するなど理由は様々です。 特に最近では、遺品整理やゴミ屋敷の片づけなどの依頼が増えてきていると言われています。 近年は高齢化や核家族化が進んでいる影響で高齢者の一人暮らしも増えており、孤独死も増加傾向にあり社会問題にもなっています。 一人暮らしの高齢者が亡くなった場合、身内がいない人や親戚等も高齢などの理由で部屋の片づけができない状態になる場合も多くあります。特に賃貸物件の場合は、片付ける人がいないとなると物件オーナーがしなくてはいけなくなります。そのような場合に専用の業者に依頼するオーナーも多くいます。 最近では遺品整理と同時に不用品回収や部屋の掃除をしてくれる専用業者も増えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加