故人の遺品整理作業を行なう~思い出を守る為の大事な作業~

遺品整理にかかる料金

今後の動向はどのようになるか

遺品整理は、2000年以降の少子高齢化や核家族化の進展により、より社会的ニーズが増していく産業の一つであると考えられます。高齢だけの世帯が増大しつつある今、死後に自分の生活用品をはじめとした遺品一式をどのようにするのかが課題の一つです。 そのため、遺品整理のサービスは、より多角化されていきます。現在でも、遺品整理の専門業者や何でも屋と言われるよろず屋サービスだけでなく大手宅配便業者や引っ越し会社、リサイクルセンターなどさまざまな会社が遺品整理のサービスを行ってきており、それぞれの強みを生かしたサービスを展開しています。 今後もよりその傾向は強まり、単に片づけをお願いするのではなく業者を選ぶ時代が来ると考えます。

注意すべき点はどのようなことか

遺品整理は、2000年以降に発展した新しい産業ですから、それゆえ注意すべき点はいくつかあります。 まず、料金についてです。面積によって決められることが一般的ですが、見積もりのための出張旅費や、遺品に対しての処分量など、追加料金が発生する場合もありますので、トータルコストがどのくらいかで考える必要があります。 家電をはじめとしてリサイクルにはコストがかかり、粗大ごみや有料ゴミ袋の値上げが進んでくる中、整理が先延ばしになればなるほど、コストもかかりますし片付けにくくなります。ですので、速やかに片付けておく必要があります。特に知らない土地で遺品整理の業者を選ぶことは大変ですから、生前から近所の人とコミュニケーションをとったりするなど、地域についての情報を集めておくとスムーズです。

このエントリーをはてなブックマークに追加